トレースルート(traceroute)の取得・実行方法

ホームページが表示されない、サーバーに接続出来ないなどの症状が発生した際、サポートへお問い合わせをいただくにあたり、トレースルートコマンド(tracert、traceroute)の実行結果をお知らせいただきたい場合があります。

トレースルートコマンドの実行結果により、主に以下の内容を知ることができます。
・サーバーへの到達性
・サーバーへ到達するまでの経路情報

トレースルートの取得・実行方法

1. コマンドプロンプトを起動します

Windowsの場合
「すべてのアプリ」 → 「Windows システムツール」 → 「コマンドプロンプト」から、コマンドプロンプトを起動してください。

もしくは、
Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」という画面が出たら、「cmd」と入力してください。

Macの場合
Macの場合、コマンドプロンプトという名前ではなく、「ターミナル」という名前のツールがあります。
Spotlight検索で「ターミナル」と検索いただくか、「アプリケーション」 → 「ユーティリティ」 → 「ターミナル」 から、ターミナルを起動してください。
コマンドプロンプト

2. トレースルートコマンドを実行

Windowsの場合
コマンドプロンプトにて、「 tracert ドメイン名(またはサーバ名) 」と入力し、Enterキーを押します。
Macの場合
ターミナルにて、「 traceroute ドメイン名(またはサーバ名) 」と入力し、Enterキーを押します。

3.「 トレースを完了しました 」と表示されたら完了です

※「ターゲット システム名 ××××××××.com を解決できません。」と表示される場合、ご利用のPCのDNSキャッシュをクリアすると正常にサーバーに接続できる場合があります。

DNSキャッシュのクリア方法

PCのDNSキャッシュのクリア方法は、コマンドプロンプトにて「ipconfig /flushdns」と入力します。

DNSキャッシュが削除されたかどうか確認するには、コマンドプロンプトで、「ipconfig /displaydns」と入力します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。